ヒートシュリンクとテックフレックスについて

ヒートシュリンクとテックフレックスについて

たまにお問い合わせ頂くのでヒートシュリンクとテックフレックスについて説明しようかと思います。

EXME CABLESで使用しているヒートシュリンクはTECHFLEX社のShrink Flexと言う製品です。
テックフレックスって商品名じゃないの??と思いの方もいらっしゃるかと思いますが、テックフレックスはTECHFLEX社のFLEXO PETという製品です。ケーブルを覆うスリーブをテックフレックスと呼ぶ方が多いので便宜上テックフレックスと呼んでおります。
TECHFLEX社は様々なチューブなどを覆う製品などを多数製造しております。

Shrink Flexにもいろいろ種類が多いのですが、EXME CABLESで使用している3:1 POLYOLEFINはその中でもカラーが豊富なシリーズです。
3:1なので収縮後の厚みはそこそこあるのですが、豊富なカラーの魅力には勝てません。
カラーにより厚みの差があるので悩ましい部分もあるのですが、しっかりしていて安心感があります。クリアが一番厚みがありパープルが薄いかと思います。クリアは厚みがあるためアビエーターの内径に引っかかる事が多いです。
圧縮比が3:1なので対応径の幅があり助かります。

TECHFLEXもカラー豊富で、ダブルスリーブにする事によりオリジナル性を高めるのに一役買ってくれています。
ただの黒いケーブルがこんなに華やかになるんだと感動しました。
FLEXO PETはケーブルの保護、剛性アップ、装飾が基本の役割となります。
特にコイルケーブルを作成されたい方はコイル形状が維持しやすくなります。

とっともとっても好きなテックフレックスもヒートシュリンクも国内で調達しようとさんざん探したのですが、そもそも国内にほとんど流通していない現実がありました。
とくにヒートシュリンクは国内にニーズがほとんどないらしく流通していませんでした。オーディオ関連のお店で一部販売をされていたのですが、サイズが全く異なり断念しました。
テックフレックスは某小売店でも入手可能ですが、限られたカラーしかなく微妙だったのです。
話はそれますが過去にパラコードのアクセサリーをつくっていたので、パラコードも国内で豊富なカラーを販売しているお店もかなり限られています。

なかなか国内での調達が難しい状況でしたので、ほとんど部品をアメリカから買い付けることになったのです。
意外と国内でこれだけのカラーバリエーションの取り扱いをしている所は少ないのではと思っております。
ご存知の方も多いかと思いますが、ドイツMDPC-Xのスリーブも取り扱いしたいなと計画中です。まだまだ先の話になりそうですけど。
この場合はシングルスリーブ[パラコードなし]になるかと思いますけど発色が美しいんですよね。

だらだらと商品説明にお付き合い頂きましてありがとうございます。
今後もEXME CABLESをごひいきに!!!!


Language
Japanese
Open drop down